会社名を考える時に知っておきたいポイント

会社設立をする上で手続きは必要不可欠になりますが、その中でも大切だと言われているのが会社名です。今回は社名を考える時に知っておきたい豆知識について紹介します。

まず、会社名のどこかに株式会社という文字を必ず入れなければなりません。個人事業主の場合は法人ではないので、株式会社という文字を入れる必要はありません。しかし、会社設立をする場合は法人化することになるので、社名のどこかには株式会社の文字は入れる必要があります。一般的には社名の前後に入れる企業が多いですが、前後に入れなければならないというルールはないので、真ん中に入れても問題はありません。

次のポイントは文字以外にも使えるものがあることです。社名を決める時には文字のみ使用が可能だと思っている人も多いかと思いますが、実際には記号やアルファベット、数字も使うことができます。こういった記号なども使うことができるということを知っておくことで幅広く社名について考えることができます。これから社名について考える人はあらかじめこういった情報も調べておくと良いでしょう。

このように、社名を考える時に知っておいた方が良い情報は存在していますので調べておくようにしましょう。

 

 

本店所在地を決める時に知っておきたい豆知識

これから会社設立をする人たちは色々な手続きが存在していますが、その中でも本店所在地を決める際には知っておいたほうが良い情報が二つあります。今回は二つの情報について紹介します。

まず、手続きの際に自宅を本店として定める場合ですが、結論から言えば持ち家を本店として手続きを済ませても問題はありません。しかし、賃貸契約をして家を借りている場合には注意が必要になります。なぜ注意をしなければならないのかというと、自宅が賃貸の場合は所有権が他の人になるからです。

そのため、賃貸契約している場所で本店を構える場合は、「法人可」の場所を選ばなければ後々トラブルが発生する可能性が高くなります。賃貸で会社設立を考えているのであれば家主に許可を得るか、元々法人として会社設立が可能な場所を選ぶようにすると良いでしょう。

次に新規でオフィスを借りる場合ですが、このときも念のため新規会社設立の目的でオフィスを借りたいという承諾を取ったうえで契約をすることが大切です。後々になって目的外と判断されてしまい、賃貸契約を解除されてしまうケースもないとは言い切れませんので、スムーズに進めるためにも本店所在地を決める際には今回説明した二つのことを確認してから手続きをすると良いでしょう。